病院で何科に行けばいいのか分からない場合どうすべきか

こんなときどうすれば?

突然、体調が悪くなったら?

まず何科に診てもらうかという問題は、緊急時だからこそ起こり得る問題とも言えます。 誰も突然の身体の変調やケガなどを予測できる人はいません。 突然の事態で、急を要するからこそ、パニックになったり悩んだりするわけです。 日頃準備できることはあるのでしょうか。

続きを読む

情報収集と初動

いきなり痛みが起きたとき、また突然めまいがするなど、体調が悪くなったことありませんか?
自分だけではなく、周囲の人がなる場合もありますよね。
そんなとき決まって悩むのが、これは何科で診てもらえばいいのかってことです。
特に子どものいるご家庭では、悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。
子どもの場合、まだ免疫もできていないためさまざまな病気にもかかりやすく、幼児の場合には言葉が未発達の場合には、本人の症状が把握できない場合もあります。
症状が伝えにくいことで、治療が遅くなって重症化してしまう恐れもありますし、子どもゆえに成人とは違うケガもよくあります。
また、大人であっても注意が必要です。
見た目で意識もあり元気でも、素人判断から大丈夫と片付けるのは禁物です。
大人の場合は痛みが我慢できたりする場合もありますし、仕事や業務途中ですと、つい身体は二の次になってしまうこともあるかもしれません。

体調不良があった場合、やはり最初にどこに診断してもらうかが大きな差になります。
よくあるケースでいくつかの病院や科でたらい回しにされてしまった、というのはまさにこうした事態のときに起きていると思います。
同じお医者さんであっても専門分野が異なればもちろんわからないこともあります。
突然の体調不良やケガなど、いつ起きるかわからないこその問題とも言えますが、このような緊急事態において、どこに問い合わせたり、どのような対応がいいのでしょうか。

わかりやすい病院は?

今病院において、患者側が自分の症状に適当な診療科をどうやってみつけるかが、とても難しくなっています。 初めての症状であればなおさら、初診の病院であればもっとわかりません。 医療機関もそうしたニーズは把握しているが追いついていないのが現状なのではないでしょうか。

続きを読む

総合的な判断として

医師や病院などの専門家への問い合わせがすぐにできればいいですが、それができない場合はやはり最初は自分で調べるしかないわけです。 情報の入手がさまざまところで可能な現代において、電話やネット、そして手元のスマホからでもいくらか手がかりは探せます。

続きを読む