病院のわかりづらさ | 病院で何科に行けばいいのか分からない場合どうすべきか

こんなときどうすれば?

わかりやすい病院は?

新しい診療科

そもそも病院へはあまり行きたくない、というのはほとんどの人が思っていることです。
誰もが健康でケガなく日々を過ごしたいものですが、人間は常に病やケガと常に隣り合わせであり、不完全だからこそ防衛意識が高まり、健康や安全について日々情報を得ているのです。
病院の診療科が増えてわかりづらくなったことというのは、まさに便利になった医療機関だからこそ起きている問題でもあります。

そんな、何科にみてもらうかわからない時を解決すべく、最近では総合心診療科というのができているのです。
特定の臓器や疾患にだけを診療するというのではなく、さまざまな面から診療をする科です。
外来初診の症状の患者を中心に診断する科であり、こうした問題にマッチする診療科です。

総合診療科がある

病院あるあるとも言える、何科にみてもらえばいいかわからないという問題は、やはり患者側と医療機関側で共通の認識だったようで、そのような問題の解決策として、総合心療科が登場してきています。
ただ、どこの病院でもあるかというと、まだまだ少ないのが現実のようです。
まずは自身で近所などで探しておくのもいいと思います。

また、日本は今、超高齢化社会というどの国も経験したことがない時代に突入しています。
認知症などの問題はまさに、この総合診療科が適しているのかもしれません。
総合診療科では、速やかな診断と治療、専門医との連携を目的に挙げていますが、単に専門医への紹介に留まらず、総合診療科としての診療も行っています。
悩んだらぜひ診てもらいたいです。


この記事をシェアする